参加者へのご案内

新型コロナウイルス感染症対策について

第37日本毒性病理学会学術年会は、総会および前日に行われるスライドカンファランス・試験解説も含め、Webのみでの開催(Zoomを利用したライブ配信+Confitを利用したオンデマンド配信)で開催することを決定しました。指定講演(年会長特別講演、特別講演、シンポジウム、ワークショップ、IATP Maronpot Guest Lecture Series)はライブ配信、一般演題はすべてオンデマンド配信となります。皆様のご理解と、多くの方々のご参加をお待ち申し上げます。

参加者の皆様へ

1.参加には事前参加登録(2021年1月15日(金)17:00まで、入金は1月19日(火)まで)が必須で、個人単位での参加のみといたします。講演要旨集および参加証(資格ポイント)を郵送いたします。

2.ライブ配信にはZoomウェビナーを利用します。座長、発表者、参加者は、参集せずに所属先や自宅などから参加していただきます。

3.指定講演(年会長特別講演、特別講演、シンポジウム、ワークショップ、IATP Maronpot Guest Lecture Series)は、Zoomのウェビナー形式での開催となります。Zoomウェビナーに参加するための個別URLは、1月22日(金)頃に「第37回日本毒性病理学会総会及び学術集会Zoomウェビナー事務局」より下記タイトルのE-mailにてご連絡いたしますので、必ず受信の有無をご確認ください。

  • 学会1日目(1月28日(木))
    「1月28日(木)第37回日本毒性病理学会総会及び学術集会(指定講演、ランチョン、イブニング)への参加用URLご案内」
  • 学会2日目(1月29日(金))
    「1月29日(金)第37回日本毒性病理学会総会及び学術集会(指定講演、ランチョン)への参加用URLご案内」

ウェビナーの参加には「サインイン」が必要となります。そのため、学術集会前日までにZoomへの「サインアップ」を済ませておく必要があります。ご注意ください。

サインインをお試しいただく日程など、Zoomウェビナーに関する当日までのスケジュールは、「Zoomウェビナー 当日までのスケジュール」をご確認ください。

Zoomウェビナーに関するマニュアルをご用意いたしました。サインアップ方法、サイインイン方法、質疑応答方法などを記載しておりますので、学術集会前日までに必ずご確認ください。

質疑応答は、原則的にZoomのQ&Aに質問内容をご入力ください。質問や発言の採択は座長に一任させていただきます。Q&Aへの入力がない場合は、座長の先生方から質問の募集の声掛けがあります。質問を希望する場合は、Zoomの「手を挙げる」機能を利用して挙手してください。座長の先生に指名されるとマイクが利用できるようになりますので、直接音声にてご発言ください。なお、年会長特別講演およびIATP Maronpot Guest Lecture Seriesにはライブでの質疑応答はございませんので、ご承知おきください。

4.一般演題は、Confitを利用したオンデマンド配信です。音声付動画mp4ファイルまたは印刷用PDFファイルを、Confit上で1月28日(木)8:00~2月26日(金)17:00まで視聴できるようにいたします。ConfitへログインするためのログインIDおよびパスワードは、1月22日(金)頃に「jstp37ip@ipec-pub.co.jp」より、下記タイトルのE-mailにてご連絡を差し上げますので、必ず受信の有無をご確認ください。

「Confitログイン情報_第37回日本毒性病理学会総会及び学術集会(一般演題、商業展示)」

各演題を閲覧したら、閲覧の記録として「いいね」ボタンを押してください。質疑応答は、Confitのコメント機能を用いて行います。なお、質問や発言は、オンデマンド配信開始1 週間後の2月5日(金)17:00までにお願いします。発表者からは、2週間後の2月12日(金)17:00までに回答があります。

5.ランチョンセミナー、イブニングセミナーは、Zoomのウェビナー形式での開催となります。各セミナーの概要は、下記「ランチョンセミナーのご案内」、「イブニングセミナーのご案内」をご参照ください。

6.資料のダウンロードはできません。また、録画・スクリーンショットなどの操作は禁止といたします。

評議員会及び総会のご案内

日本毒性病理学会 会員各位
拝啓

新春の候 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、第37回日本毒性病理学会では、通例に従って評議員会及び総会を合同で下記のとおり開催いたします。

本会議は、活動報告と次年度計画をご承認いただく重要な会議となりますので、ご出席の程何卒よろしくお願い申し上げます。

評議員会・総会に参加いただくには、学術集会への参加登録が必要です。なお、評議員の皆様には、当日Zoomシステムにてご出欠を確認させていただきます。

敬具
日本毒性病理学会 理事長 鰐渕英機

日  時: 日  時: 2021年1月29日(金)15:30 ~ 17:00
2021年1月29日(金)15:30 ~ 17:00
開催形式: 開催形式: Zoomによるオンライン開催
Zoomによるオンライン開催
主な議題: 主な議題: ・2020年度活動報告及び決算報告
・2020年度活動報告及び決算報告
・2021年度活動計画及び予算
・功労会員・評議員の推薦
・2023年度年会長選出
・法人化に向けた取り組み

ランチョンセミナーのご案内

1月28日(木)・1月29日(金)両日とも、Zoomのウェビナー形式でランチョンセミナーを行います。お申し込みは不要ですが、事前資料・セミナー資料をご希望の方は、共催企業への事前登録をお願いします。

ランチョンセミナー L1

1月28日(木) 12:05~13:05

タイトル: タイトル: 生体イメージング技術の安全性評価への活用
生体イメージング技術の安全性評価への活用
演  者: 演  者: 沼田 洋輔(株式会社新日本科学)
沼田 洋輔(株式会社新日本科学)
座  長: 座  長: 小林 欣滋(株式会社新日本科学)
小林 欣滋(株式会社新日本科学)
共  催: 共  催: 株式会社新日本科学
株式会社新日本科学
事前登録先E-mailは

ランチョンセミナー L2

1月29日(金) 12:10~13:10

タイトル: タイトル: Charles River Laboratoriesにおける
病理ワークフローへのデジタル技術応用の近年の進歩
Charles River Laboratoriesにおける病理ワークフローへのデジタル技術応用の近年の進歩
演  者: 演  者: 磯部 香里(Charles River Laboratories Edinburgh Ltd.)
磯部 香里(Charles River Laboratories Edinburgh Ltd.)
座  長: 座  長: 上西 将路(日本チャールス・リバー株式会社)
上西 将路(日本チャールス・リバー株式会社)
共  催: 共  催: Charles River
Charles River
事前登録先E-mailは

イブニングセミナーのご案内

1月28日(木)17:10~Zoomのウェビナー形式でイブニングセミナーを行います。ご参加をご希望の方は、事前登録をお願いします。

イブニングセミナー EV1

1月28日(木) 17:10~19:10

セッション1

タイトル: タイトル: Southern ResearchにおけるSARS-CoV-2関連試験の対応状況について(予定)
Southern ResearchにおけるSARS-CoV-2関連試験の対応状況について(予定)
演  者: 演  者: 小出 英孝(Virology Department of Infectious Diseases, Southern Research)
小出 英孝(Virology Department of Infectious Diseases, Southern Research)

セッション2

タイトル: タイトル: 最新の吸入毒性試験評価―In vitro 評価との組合せの可能性
最新の吸入毒性試験評価―In vitro 評価との組合せの可能性
演  者: 演  者: 福山 朋季(麻布大学 獣医学部 薬理学研究室)
福山 朋季(麻布大学 獣医学部 薬理学研究室)

セッション3

タイトル: タイトル: SEND対応におけるパソロジストの重要性
SEND対応におけるパソロジストの重要性
演  者: 演  者: 堀川 真一(株式会社イナリサーチ データ標準化推進部)
堀川 真一(株式会社イナリサーチ データ標準化推進部)

パネルディスカッション

座  長: 座  長: 安齋 享征(昭和大学 医学部)
安齋 享征(昭和大学 医学部)
パネリスト: パネリスト: 大石 裕司(大阪市立大学 大学院医学研究科
 分子病理学/ルナパス毒性病理研究所)
大石 裕司(大阪市立大学 大学院医学研究科 分子病理学/ルナパス毒性病理研究所)
小野寺 博志(前PMDA/ルナパス毒性病理研究所)
佐藤 洋(岩手大学 農学部 共同獣医学科)
中江 大(東京農業大学 大学院農学研究科)
義澤 克彦(武庫川女子大学 食物栄養科学部 食創造科学科)
鰐渕 英機(大阪市立大学 大学院医学研究科 分子病理学)
共  催: 共  催: 株式会社イナリサーチ
株式会社イナリサーチ
事前登録先E-mailは