企業展示・セミナー・広告・寄付金

ご挨拶

謹啓

貴社、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。各位におかれましては、平素より日本毒性病理学会に対して格別の御厚誼を賜り、心より篤くお礼申し上げます。

さて私儀、 此度、日本毒性病理学会 理事会・評議員会・総会にて御推挙をいただき、第36回日本毒性病理学会総会及び学術集会(年会)の(年)会長を拝命いたしましたので、ここに謹んで、ご挨拶を申し上げる次第でございます。

第36回年会は、2020年2月13日(木)および2月14日(金)の2日間、東京都世田谷区の東京農業大学 世田谷キャンパスにて開催する予定です。加えて、前日の2月12日(水)には、恒例により、認定毒性病理学専門家資格認定試験問題の解説と第32回スライドカンファランスを開催いたします。日本毒性病理学会の年会は、国内外の500名を超える毒性病理学研究者が一堂に会して、活発な論議と情報交換が行われる場であり、今回も同様の参加者数を予想しております。第36回年会においては、「新しい世界へ:毒性病理学と日本毒性病理学会のこれから」をテーマとして掲げ、科学的・社会的な環境やニーズが大きく変化しつつある中、それらに対応して進化する、また、進化すべき毒性病理学の現在と将来を論じ合う場を提供することを計画しています。そのため、東京農業大学 世田谷キャンパス内に年会事務局を組織し、鋭意準備を進めると共に、魅力ある企画の立案を行っていただくべく、プログラム委員会を設置しました。プログラム委員会には、委員長に古川 賢 先生(日産化学株式会社 生物科学研究所 理事副所長 兼 安全性研究部長)を、副委員長に小川 久美子 先生(国立医薬品食品衛生研究所 安全性生物試験研究センター 病理部長)を、それぞれお迎えし、さらに大学・国立研究機関・企業・CRO等、この分野の産官学の第一線をリードする12名の先生方を委員に擁して、国内外の最前線のインフルエンサーたる第一人者の方々による指定演題(特別セッション・シンポジウム・ワークショップ等)のほか、現場の研究者による一般演題も併せ、参加者に満足していただく計画を練っていただいています。

日本毒性病理学会は、医薬・農薬・化成品・食品添加物・食物成分など様々な化学物質のヒトに対するリスクを、形態学的解析手法を基盤とし、生化学・生理学・分子生物学などの隣接分野に由来する多彩な方法を駆使して評価する学問である毒性病理学の進化・発展を目的とする、当該分野に関する国内唯一の学術団体です。本学会は、1985年に日本毒性病理研究会として発足し、1988年に現在の名称を持つ学会組織を確立し、現在、海外も含め約1,000名に及ぶ研究者を会員としています。本学会は、これまで多くの研究成果を生み出し、当該成果を以て科学と社会に多大に貢献して参りました。その活動は多岐に渡っていますが、主なものとしては学術誌であるJournal of Toxicologic Pathology(ISSN 1881-915X/ 0914-9198)の発刊、教育セミナーやスライドカンファランスの開催、さらに、上述したリスク評価を行う信頼性の高い毒性病理学専門家の認定制度などが挙げられ、国内のみならず海外からも高く評価されています。

年会は,会員が最新の知見・情報を交換・共有し、また、若手を教育する場として機能し、本学会の活動の核として、その社会貢献において重要な位置を占めるものです。年会の運営は本来なら参加費収入や、学会本体や公的機関等からの助成金などで行うべきものであり、そのため、毎回関係者一同が努力を惜まず最大限努めて参りましたが、諸般の事情により現実的にはこれらの収入のみで年会を運営することが極めて困難なため、例年、各位の絶大なる御支援・御助力を賜ってきたところでございます。したがって、本学会が毎年年会を恙なく実施し前述のような社会貢献を行えますのは、偏にそのような各位の御厚意の賜であり、関係者一同衷心より深謝いたしているところです。第36回年会におきましても、私共としてできる限り努めているところですが、力及ばす、これまで同様、各位の御厚意にお縋りするほかない状況にあります。つきましては、書面にて洵に失礼でございますが、各位におかれまして、年会開催の趣意に御賛同いただき御支援・御助力を賜りたく、切にお願い申し上げる次第です。また、年会の講演要旨集への広告、商業展示及びランチョン・セミナー等につきましても、併せて御協賛を賜りたく、重ねて御高配の程,何卒よろしくお願い申し上げます。

謹白

第36回日本毒性病理学会総会及び学術集会
年会長 中江 大
東京農業大学 応用生物科学部
食品安全健康学科

開催趣意書・協賛募集要項

透明性の確保については、日本製薬工業協会や一般社団法人日本医療機器産業連合会のガイドラインに準拠して行います。
寄付金、広告、商業展示の申し込みを11月27日(水)まで延長しました。
ページトップへ ▲
ヤクルト中央研究所バナー